埼玉県の洋蘭生産のあゆみ

洋蘭が、貴族社会の趣味的園芸から、ようやく一部園芸家により栽培され始めた昭和8〜9年頃、本県では北本市の一人の園芸家によって始められました。


当時栽培されていたものはデンドロビュームが主体で、パフィオペディルム、カトレア等も栽培されていました。品評会で優良賞を得るほど、その栽培技術は高く評価されていました。


その後戦争で一時中断され、昭和24年、先駆者を中心とした同士3名でシンビジュームの、営利栽培を始めたのが埼玉県の洋蘭生産の基礎となりました。一方趣味として栽培する人も同時進行的に増え始めました。


昭和28〜29年頃には、近隣の鴻巣市で菊やアマリリス等を主体に栽培していた2〜3の温室農家にも広まり、着々と業績を上げるようになりました。特に昭和36年には、県は特産地育成の目的で、シンビジュームの優秀交配種を輸入して、農家に配布し増殖をはかりました。以来栽培者も増加しグループ的活動も活発に行われるようになり、昭和38年生産者と趣味者が一体となり埼玉オーキッド会が結成されました。


昭和44年頃になるとファレノプシス(胡蝶蘭)を導入する農家が見え始め、経済の発展と共に洋蘭栽培(特に胡蝶蘭)を主体とする後継者が増え、有数の産地として現在に至っています。


なお、我々生産者組合は埼玉オーキッド会を名称変更した埼玉洋蘭会より平成3年独立し、各種研修や情報交換など活発に行っています。平成8年11月には全国に先駆けてインターネット上にホームページを開設し、組合活動の紹介・各組合員の紹介・洋蘭の販売・栽培のQ&Aなど幅広く情報の発信を行っています。